Black Lives Matter のmatterはどういう意味か

Share

時事ネタを絡めつつ、今回も小ネタ。

Anyway the wind blows,
doesn’t really matter to me, to me

いわずとしれた、Queenの名曲、”Bohemian Rhapsody”からの一節だ。
実はこの歌詞、”Anyway the wind blows, …”(どうせ風は吹くんだし、)だという説と、”Any way the wind blows …”(どう風が吹こうが)だという説の二種類があるらしい。どちらかによって歌詞の解釈も変わってくるわけで、インターネットでもこの2つの説が拮抗している感じである。ここでは、前者の説を取ってみた。

“Black Lives Matter のmatterはどういう意味か” の続きを読む
Share

ホーミングはなぜ誘導なのか

Share

すでに知ってる人、気づいている人も多いだろう小ネタ。

ホーミングと聞いたら、何を思い浮かべるだろうか?
アニメファンなら、板野サーカスで煙を引いて飛びまわるミサイル群だろうか。

個人的には、トップをねらえ!のホーミングレーザーを推しておきたい。レーザーなのにホーミング。いやいや、無いでしょそれはと思いながらも、あの勢いのいい演出と、説得力のある作画に血が滾った諸兄も多いだろう。そして、バスターミサイルはともかくとして、バスターシールドである。いやいや、無いでしょそれはと思いながらも(ry

ゲームファンならどうだろうか。
グラディウス3で一番使いにくいミサイル?……いや、それはホーミングじゃなくて、コントロールミサイルでんがな……と、わかりにくいボケを挟みつつ。
やはりレイフォースに始まる、一連のレイシリーズだろうか。ロックオンをかけてから撃ち込む分説得力があったし、スコア稼ぎの要でもある、美しい武器だ。

そういえば、(ホーミングではないが)曲がるレーザーといえば、個人的にはアニメ「ガルフォース」の艦隊戦で、レーザーの表現を観たときの衝撃は今でも覚えている。レーザーって曲げてもいいのか!と気付かされた瞬間でもあった。

理屈はいいのだ。カッコよければ。

さてアニメの話はさておき、ご存知のように、例えばいわゆるホーミングミサイルという兵器は、実在する。
もっとも、一般的には「誘導ミサイル(Guided Missile)」と呼称され、ホーミング(homing)という言葉は、誘導方式の名称に入ることが多い。例えば、電波ホーミング誘導なら、Active Radar HomingによるGuided Missile……といった言い方になるようだ。

ところで、このホーミングという言葉、少し不思議な使い方ではないだろうか。”homing”を単純に字義通りに解釈すると、home-ing、つまりは「家に帰る」という意味である。なぜ現在のような、誘導あるいは追尾という意味合いを持つようになったのか。

先程も書いたように、homingは「家に帰る」という意味を持つ言葉だが、実は学術的な用語でもある。
その意味は、「帰巣本能を持つ」というもの。なるほど、誘導という意味には確かに少し近いような……?

ここで、少し考えてみてほしいのだが、数ある帰巣本能を持つ生き物の中に、その本能が非常に人間の役に立つ、かつ極めて馴染み深い動物がいる。なんだろうか。

それが、鳩だ。
その帰巣本能と飛行能力により、伝書鳩として利用されてきた。

稀に誤解している人もいるようなので、念の為に書いておくだけだが、伝書鳩は、あくまでも鳩の帰巣本能を利用しているだけであって、「どこでも好きなところに物を届けられる」わけではない。基本的には、どこから飛ばしても常に鳩舎(巣)に物を届けられる、という仕組みのものである。
とはいえ、訓練の仕方によっては、2点間(餌場と鳩舎)を往復するようにしたり移動式の鳩舎に帰ってくるようにもできる(移動鳩と呼ぶらしい)ようで、我々がぱっと想像するよりも、ずっとフレキシブルな運用ができるようだ。

伝書鳩は最低5000年、もしかすると7000年もの歴史を持つ、実に由緒正しい通信手段だ。よくよく考えてみると、無線通信が一般的に行われる以前では、おそらく最速の通信手段でもあったわけで、おそるべし伝書鳩、である。
さすが、RFC1149に規定されているだけのことはある……いや、もちろんこれ自体はジョークだが、おそらく不可能では無い。
実際、20世紀半ばまではごく一般的だったし、21世紀に入っても実用的な通信手段として用いるケースもあるようだ。
ミュージカル「プロデューサーズ」ではヒトラー大好きドイツ人のフランツが伝書鳩を飼育している(アドルフと名付けられた鳩が映画版でナチ式敬礼をするのが可愛い)し、日本では「レース鳩0777」なんてコミックもあった。
もっとも、ごく近年は、さすがにインターネットに押されて、徐々に引退しつつあるようだ。

さて、この伝書鳩、実は英語で”homing pigeon”と言う。

五感のみにとどまらず、磁力をも感じて行われるという鳩の帰巣。その「魔法のようにどこからでも目的地に到達する能力」が、homingという言葉の意味に加わったのは、伝書鳩の影響だというのは、想像に難くない。

かくして現在の用法になった、というわけである。
今回は、以上。

Share

down to earth

Share

Let me tell you. The feeling of being there, of walking the streets of the future is going to be breathtaking!

(one of the audience) YOU’re breathtaking!

You’re breathtaking. You’re all breathtaking!

Keanu Reeves, E3 2019

2019年のE3において、Cyberpunk 2077のカンファレンス中、登場したキアヌ・リーブスと観客との間で行われたやり取りである。
breathtakingは、一般的には「息を呑む」と訳されることが多いのだが、原義からいうと「ため息が出る(ほど素晴らしい)」でもいいように思う……まあ、今回の本題ではないのでスルーする。

“down to earth” の続きを読む
Share

nap or nothing

Share

前回の記事で、nap of the earth(匍匐飛行)という用語を紹介したので、今回はnap繋がりの小ネタを。

napという単語は、一般的には、短めの睡眠を取る、つまりは昼寝する・まどろむという意味で使われる。語源は、中英語のhnappianで、さらに遡るとゲルマン祖語由来ではないかとされている。

“nap or nothing” の続きを読む
Share

(fly) under the radar

Share

十年一昔というなら、(2020年現在からすると)もう二昔~四昔ほど前のことになるだろうか、フライトシミュレーターこそPCゲームの華だという時代があった。
僕も例に漏れずF-15 Strike Eagleや F-117A Nighthawk Stealth Fighter 2、あるいは一次大戦ものならKnights of the Skyなどで遊んだものだ……しかしこのラインナップ、よく見たら開発元が全部MicroProseだったりするな……。
もちろんフライトシミュレーターといえば必ず名前が挙げられるであろう、Microsoft Flight Simulatorでも遊んでいた。僕もまた、最新作2020の発売を心待ちにしている一人である。

“(fly) under the radar” の続きを読む
Share

CMYKのKは “key plate” のK?そもそも key plate って何?―その2

Share

前回の続き。

ヨーロッパにおける図版の多色印刷の歴史そのものは古く、例えば、すでに15世紀には、ドイツにおいて複数の木版を組み合わせたものが製作されたりしたらしい。しかし、一つ一つの色は職人が手で付ける必要があったし、過程も複雑で、現代の印刷とはあまり繋がっていない。手間がかかる割には大した数が作れない、小ロットの特別工芸品、といった感じのものだったようだ。

“CMYKのKは “key plate” のK?そもそも key plate って何?―その2″ の続きを読む
Share

CMYKのKは “key plate” のK?そもそも key plate って何?―その1

Share

CMYK、いわゆるシアン・マゼンタ・イエロー・ブラックのKは、実はblackのKではなくてkey plateのKらしいという話を、どこかで読まれたことがある人も多いと思う。
実は、僕はずっとblackのKだと考えていて、そのことを知ったのはつい先日のことだったりする。

なるほど、興味深い……のだが、あちらこちらの記事を読んでも今ひとつ腑に落ちないことが多かったので、色々と調べてみた。というわけで、皆さんにもその知識をおすそ分けしようと、そういう記事である。

“CMYKのKは “key plate” のK?そもそも key plate って何?―その1″ の続きを読む
Share

江戸の地口とcockney rhyming slang

Share

先日、カミさんと話をしている時に「恐れ入谷の鬼子母神」と言ってみたら、見事に通じなかった。おや?と思い、「その手は桑名の焼き蛤」を知っているかどうかも聞いてみたが、知らないようであった。

カミさんはカミさんで、普段「結構毛だらけ猫灰だらけ」などと言っていることがあるので、こういった言葉を全く知らないというわけではないようだ。……というより、「男はつらいよ」を観たことはあるということかもしれないが。
ちなみに、「おどろ木桃の木山椒の木」「あたり前田のクラッカー」あたりは知っていたが、「びっくり下谷の広徳寺」「情け有馬の水天宮」は知らないようであった。

“江戸の地口とcockney rhyming slang” の続きを読む
Share

英語は難しいという、当たり前の話

Share

このブログでは、(2019年現在のところ)英語の単語や言い回しに関することを比較的多めに扱っているのだけど、実際のところ、僕自身が英語にすごく詳しいのかというと、そんなことはない。ただ、その場しのぎで色々と調べるのが得意ということに過ぎない。

“英語は難しいという、当たり前の話” の続きを読む
Share

apprehendとcomprehend、ついでにreprehend

Share

前回の記事で、つかみがlist comprehensionという用語だったにも関わらず、全然関係ない用法に関することしか書かなかったのを反省しつつ、一般的な意味の話をしてみる。

タイトルでapprehend, comprehend, reprehendと並べてみたわけだが、いずれもprehendという、ラテン語のprehendere(to take, sieze)を語源とする語幹を持っている。ちなみに、あまり使われないようだが、そのものズバリ掴むという意味の、prehendという単語もある(哲学用語として残っているようだ)。

“apprehendとcomprehend、ついでにreprehend” の続きを読む
Share