starboard, port

Share

無限に広がる大宇宙……なロマンを感じる単語。それがstarboard。

というのは言い過ぎにしても、最初にstarboard(右舷)とport(左舷)という言葉を聞いた時、どこかカッコよさを感じたのは、海の言葉であると同時に、単語にstarが含まれているからだろう。

単語の由来も想像しやすい。portが左舷を表すのは、おそらく港につけるのが左舷だからだ。反対がstarboardなのは、海が広がっている、つまり星を見て航海する側だからだろう……みたいに。僕はそう思っていたクチだ。

しかしながら、残念なことに、starboardは星とは何の関係もない。 “starboard, port” の続きを読む

yippee-ki-yay

Share

冬が近づいてくると、世間はクリスマスの準備にかかるようだ。ラジオや有線からはクリスマスソングが聞こえはじめ、広告にもちらほらクリスマスが顔を見せるようになる。

ところで、クリスマスを舞台にした映画というと何を思い浮かべるだろうか。「素晴らしき哉、人生!」「34丁目の奇跡」あたりが定番だろうか。アニメなら「東京ゴッドファーザーズ」などはどうだろう。 “yippee-ki-yay” の続きを読む

several stories high

Share

My Fair Ladyというミュージカルをご存じの方は多いだろう。オードリー・ヘップバーン主演で映画にもなっているので、テレビなどで観たことがあるという方も多いと思う。
あのミュージカルの中で、一番好きな曲はなんだろうか?と訊かれると、多くの人は「踊り明かそう(I could have danced all night)」と答えるだろうか。おそらくMy Fair Ladyの中で一番有名な曲でもある。 “several stories high” の続きを読む

full steam ahead

Share

Damn the torpedoes,  full speed ahead!

試訳:機雷なんざくそくらえだ、全速前進!

この台詞は、南北戦争中の1864年、モービル湾の戦いにおいてデビッド・ファラガット提督が叫んだとされるものだ。ちなみに、torpedoは現在は一般的には魚雷という意味なのだが、当時は機雷のことをこう呼んでいたらしい。 “full steam ahead” の続きを読む

ペルソナ5はじめました、じゃなくて一周終わらせました

Share

実は10月の初旬くらいに既にペルソナ5を購入し、しばらくプレイした後に「ペルソナ5はじめました」という記事を書こうとしていた。下書きまで行っていたのだが、結局遊びながら書きたいことをあれやこれやと考えているうちに、一周終わらせてしまったので、改めて「ペルソナ5一周終わらせました」ということで、感想を書きたい。 “ペルソナ5はじめました、じゃなくて一周終わらせました” の続きを読む

outrageはout+rage?

Share

まず辞書を引くと、意味は非道、蹂躙といった暴力的な意味が並んでいる。北野武の映画にそのものずばりアウトレイジ(outrage)というのがあったが、もちろん暴力をテーマとした映画だ。字面もものものしく、明らかにout(超える)+rage(怒り)という構造かのように見える。

しかしその実、rageとはなんの関係もないのが、この単語の面白いところだ。 “outrageはout+rage?” の続きを読む

「底付き」は必要なのか

Share

Alcoholics Anonymous(以下AA)から派生した自助グループ系の治療プロセスにおいて、ほぼ間違いなく言及されるのが、回復のためには「底付き」が必要だ、ということだ。

そして、最初に結論を書いておくと、僕がこれから言おうとしていることは、依存症の回復に底付きなど不要、ということだ。それを、順を追って話していこうと思う。 “「底付き」は必要なのか” の続きを読む

12ステップに対する僕の考え方

Share

まず最初に。僕自身は、いわゆる12ステップを信じていない。
12ステップって何?という人は、ここを読んで欲しい。

依存症の治療について調べたことのある方は、ご存知のように、12ステップというのは依存症に関わる分野で非常に広く受け入れられている手法だ。もはや依存症治療=12ステップという具合に、ほぼ前提となってしまっているといってもいい。 “12ステップに対する僕の考え方” の続きを読む

lather, rinse, repeat

Share

‘Most scary movies have the build up, the scary moment, then they let you relax for a while. Lather, rinse, repeat’

<試訳>ほとんどの怖い映画は、筋書きの盛り上がりがあり、恐怖の瞬間があり、そのあと少しの間ほっとさせるようになっている。洗う、すすぐ、繰り返す。

初めて見ると面食らうフレーズだ。なんでいきなり洗ったりすすいだりするのか。 “lather, rinse, repeat” の続きを読む

独り言がつい出てしまうのは悪いこと?

Share

しばらく前の記事のコメントで、こういうものがあった。

仕事中プライベートを問わず、考えていることの一部や喜怒哀楽の一部が、独り言として勝手に口をついて出てしまう現象の解消方法が知りたいですね。必要以上に常に頭の中で全てを言語化しようとしている弊害かもしれないですが。

実のところ、僕にも似たようなところがあって、ぶつぶつ呟いているのを人に聞かれることがしばしばある。ちなみに、僕自身はそれを問題と感じたことはない。何の問題もない。ノープロブレム。ちょっと気味悪がられるだけだ。 “独り言がつい出てしまうのは悪いこと?” の続きを読む