Black Lives Matter のmatterはどういう意味か

Share

時事ネタを絡めつつ、今回も小ネタ。

Anyway the wind blows,
doesn’t really matter to me, to me

いわずとしれた、Queenの名曲、”Bohemian Rhapsody”からの一節だ。
実はこの歌詞、”Anyway the wind blows, …”(どうせ風は吹くんだし、)だという説と、”Any way the wind blows …”(どう風が吹こうが)だという説の二種類があるらしい。どちらかによって歌詞の解釈も変わってくるわけで、インターネットでもこの2つの説が拮抗している感じである。ここでは、前者の説を取ってみた。

“Black Lives Matter のmatterはどういう意味か” の続きを読む
Share

ホーミングはなぜ誘導なのか

Share

すでに知ってる人、気づいている人も多いだろう小ネタ。

ホーミングと聞いたら、何を思い浮かべるだろうか?
アニメファンなら、板野サーカスで煙を引いて飛びまわるミサイル群だろうか。

個人的には、トップをねらえ!のホーミングレーザーを推しておきたい。レーザーなのにホーミング。いやいや、無いでしょそれはと思いながらも、あの勢いのいい演出と、説得力のある作画に血が滾った諸兄も多いだろう。そして、バスターミサイルはともかくとして、バスターシールドである。いやいや、無いでしょそれはと思いながらも(ry

ゲームファンならどうだろうか。
グラディウス3で一番使いにくいミサイル?……いや、それはホーミングじゃなくて、コントロールミサイルでんがな……と、わかりにくいボケを挟みつつ。
やはりレイフォースに始まる、一連のレイシリーズだろうか。ロックオンをかけてから撃ち込む分説得力があったし、スコア稼ぎの要でもある、美しい武器だ。

そういえば、(ホーミングではないが)曲がるレーザーといえば、個人的にはアニメ「ガルフォース」の艦隊戦で、レーザーの表現を観たときの衝撃は今でも覚えている。レーザーって曲げてもいいのか!と気付かされた瞬間でもあった。

理屈はいいのだ。カッコよければ。

さてアニメの話はさておき、ご存知のように、例えばいわゆるホーミングミサイルという兵器は、実在する。
もっとも、一般的には「誘導ミサイル(Guided Missile)」と呼称され、ホーミング(homing)という言葉は、誘導方式の名称に入ることが多い。例えば、電波ホーミング誘導なら、Active Radar HomingによるGuided Missile……といった言い方になるようだ。

ところで、このホーミングという言葉、少し不思議な使い方ではないだろうか。”homing”を単純に字義通りに解釈すると、home-ing、つまりは「家に帰る」という意味である。なぜ現在のような、誘導あるいは追尾という意味合いを持つようになったのか。

先程も書いたように、homingは「家に帰る」という意味を持つ言葉だが、実は学術的な用語でもある。
その意味は、「帰巣本能を持つ」というもの。なるほど、誘導という意味には確かに少し近いような……?

ここで、少し考えてみてほしいのだが、数ある帰巣本能を持つ生き物の中に、その本能が非常に人間の役に立つ、かつ極めて馴染み深い動物がいる。なんだろうか。

それが、鳩だ。
その帰巣本能と飛行能力により、伝書鳩として利用されてきた。

稀に誤解している人もいるようなので、念の為に書いておくだけだが、伝書鳩は、あくまでも鳩の帰巣本能を利用しているだけであって、「どこでも好きなところに物を届けられる」わけではない。基本的には、どこから飛ばしても常に鳩舎(巣)に物を届けられる、という仕組みのものである。
とはいえ、訓練の仕方によっては、2点間(餌場と鳩舎)を往復するようにしたり移動式の鳩舎に帰ってくるようにもできる(移動鳩と呼ぶらしい)ようで、我々がぱっと想像するよりも、ずっとフレキシブルな運用ができるようだ。

伝書鳩は最低5000年、もしかすると7000年もの歴史を持つ、実に由緒正しい通信手段だ。よくよく考えてみると、無線通信が一般的に行われる以前では、おそらく最速の通信手段でもあったわけで、おそるべし伝書鳩、である。
さすが、RFC1149に規定されているだけのことはある……いや、もちろんこれ自体はジョークだが、おそらく不可能では無い。
実際、20世紀半ばまではごく一般的だったし、21世紀に入っても実用的な通信手段として用いるケースもあるようだ。
ミュージカル「プロデューサーズ」ではヒトラー大好きドイツ人のフランツが伝書鳩を飼育している(アドルフと名付けられた鳩が映画版でナチ式敬礼をするのが可愛い)し、日本では「レース鳩0777」なんてコミックもあった。
もっとも、ごく近年は、さすがにインターネットに押されて、徐々に引退しつつあるようだ。

さて、この伝書鳩、実は英語で”homing pigeon”と言う。

五感のみにとどまらず、磁力をも感じて行われるという鳩の帰巣。その「魔法のようにどこからでも目的地に到達する能力」が、homingという言葉の意味に加わったのは、伝書鳩の影響だというのは、想像に難くない。

かくして現在の用法になった、というわけである。
今回は、以上。

Share

宇宙交易戦闘ゲーム その3 (Starsector)

Share

宇宙モノのゲームが(略

というわけで、前回(Star Traders: Frontiers)前々回(Elite Dangerous)としばらく続いている宇宙交易戦闘ゲームの紹介も、ひとまず今回で最終回の予定となっている。
なんでこのところゲームばっかり紹介してるの?英語の話のブログじゃなかったの?と疑問に思われている方もいるかもしれないが、どちらかというと、ホントはこっちが本業なのである。僕は、職業欄には「ゲーマー」と書くタイプの人間なのだ。

さて、今回紹介するのは、Starsectorというゲームだ。
なにそれ、聞いたこと無いという人も多いだろう。実のところ、僕も割と最近知ったばかりだったりする。

そもそも、Starsector(旧名:Starfarer)は、まだ正式なリリース版が出ていない、α版のゲームだ。いわゆるアーリーアクセスの段階である。
だが、kickstarterのようなクラウドファンディングが行われているわけでもなく、steamなどの販路に乗っているわけでもない。2020年6月現在、このゲームを入手する方法は、唯一公式サイト(https://fractalsoftworks.com/)での直販のみである。また、未完成のゲームのため、扱いとしては予約(preorder)ということになっている。これから書く内容についても、2020年6月現在のビルド(0.91a)に準拠したものになるので注意。

公式サイトのブログの記事は、2010年から始まっている。ということは、開発開始もその頃だろうから、10年に渡って開発され続けているということになる。

実のところ、某巨大掲示板ではたまに話題に上ることもあるようなのだが、僕が知ったのはそこではなく、reddit上である。Mount&Blade2が発売(こちらもアーリーアクセスだが)される前後の頃、「Mount&Blade系のゲームでStarsector以上のものを遊んだことがない」(意訳)といった感じの書き込みを見かけ、しかもそれに賛同するレスが複数ついていたのだ。
これは是非とも試してみなければ……と思い、即公式サイトで購入し、遊んでみたわけである。

はたして、予想以上に凄いゲームだった。

Starsectorは、例によって宇宙を飛び回りながら交易・戦闘・探険をするゲームだ。見下ろし型の2D画面でゲームは進行し、基本的にはリアルタイムで進行する、アクション性が強いものとなっている。
自分が指揮するのは(前回までに紹介したゲームのように)単艦ではなく、艦隊(バニラでは最大30隻)となっており、最初は数隻しか持たない宇宙船を、購入・鹵獲などを通じて増やしていくことになる。

このゲームの、どこが面白いのかを語るのは、非常に難しい。強いて言えば、異常なまでに作り込まれた細やかさ、ということになるだろうか。そして、それが端的に現れているのが、戦闘に関連する部分だ。

まず、艦船は大きく分けると5つのカテゴリー(Capital, Cruiser, Destroyer, Frigate, Fighter)があり、それぞれに10~20種類程度の型が存在する。そして、たとえ同じ型の船を使ったとしても、長距離から敵のシールドを削るのに特化した船、突撃して短時間に一気に打撃を与える船、敵の艦載機やミサイルの迎撃に長けた船など、装備品によって全く違った運用にすることができる。

実際の戦闘時にも、一隻一隻カスタマイズされた船が、実に細かいグラフィックによって動き回る。機動時のスラスター、敵のシールドを打ち破るべく放たれるエネルギー弾、後背へと回り込んでくるミサイル、それを迎撃する防衛用のタレット、空母から発進しフリゲートを包囲する艦載機……それら全てが、細かく、説得力のある動きを見せてくれる。
そしてもちろん、これらは単なる演出にとどまらず、全てがきちんとした意味を持っている。

サンプルプレイ動画。戦闘は06:50付近から。

また、ただ攻撃力・防御力の高い船を使えばいいというものでもない。大きな船は一般的に機動力に乏しく、単艦で動けばあっという間に包囲されてしまうからだ。部位ごとにダメージが計算されることもあり、あっという間にエンジンを止められ、タコ殴りにされること請け合いである。

艦隊編成と、個々の船のカスタマイズ、そして実際の戦闘時の操作。これら全てをきちんと行うことで初めて、持てる艦船の力を十分に引き出すことができるわけだ。

ちなみに、自分が操作しない船については、基本的にはAIが自動で動かすことになるのだが、このAIもなかなか良い動きをする。士官を乗せている場合は、そのスキルが上乗せされるとともに、性格に応じた動きをするようになったりもする。
各艦船に対して、RTSのように自分が指示を出すこともできるが、かなりおおまかな指示を、限られた回数しか出せない仕組みになっている。従って、細かなところはAIにまかせつつ、大局を見つつ指示を出す(ただしAIがその通りに動けるとは限らない)といった感じになる。このあたりは好みが分かれるところかもしれない。

さて、戦闘以外の部分もかなり作り込まれたゲームとなっている。
各惑星ごとに需要と供給が計算されており、それに応じて価格も決定される。例えば海賊に襲われて安定度が下がったり、輸送コンボイが襲われたりすると、価格が急騰したりもする。

つまり、例えばこういう感じである。
ブラックマーケットで仕入れた武器やスペースドラッグや謎の臓器類を、海賊に横流しする。儲かる。
すると、海賊が活性化し、周りの惑星を襲い出す。惑星の安定度が下がったところに、武器やスペースドラッグなどを売りさばきに行く。儲かる。
つまり、戦争と麻薬は儲かる。まさに外道。

まあ、それは極端なプレイだとしても、こっちの交易品をあっちに、こっちの特産物をあっちへと運んで小銭を儲けるのも楽しいものである。ちなみに、(Comm Arrayの範囲内にいるときは)交易品にカーソルを合わせてF1を押すだけで、どこで安く仕入れられ、どこで高く売れるのかという情報を簡単に見ることができる。

ただし、実は各惑星の市場での売買は一律の税金がかかってしまう。そのため、ブラックマーケット(当然無税)を有効に活用していきたい。とはいえ、ブラックマーケットで派手に売買を行う(安定度が下がるほどの取引)と、ファンションからの好感度が下がってしまう。また、そんなに派手な取引でなくとも、後から臨検を受けてバレると、やはり好感度が下がるので、注意してもらいたい。
ブラックマーケットを使う使わないに関わらず、惑星を出港した直後に、たまに緊急加速で追いかけてくる警備艦隊をみることがあるだろう。ちなみに、やましいところが無ければ臨検を受けても問題はないし、もっと言えば、追いつかれなければどうということは無い。

そして、ver.0.9aから新たに追加されたのが、コロニー(植民惑星)の運営である。自分でコロニーをつくり、ファクションを立ち上げることができるようになった。コロニーはつくられた惑星の環境と、建築した建物によって能力が決定され、自動的に周りの惑星と交易を行うようになる。適切な場所に、環境の惑星を発見し、十分な投資を行えば、シェアを大きく持ち、圧倒的な利益を得ることもできる。
もちろん、海賊や他のファクションに目をつけられるので、十分な軍事力を持つことも重要だ。力こそ正義。

また、このゲームでは、いわゆる文明圏はマップ中心のごく一部だけであり、その外側は広大な探索領域となっている。そこを探索するのも、なかなか楽しい。コロニー設立に適した惑星が見つかることもあるし、一獲千金のレアアイテムや、旧文明の設計書を入手できることもある。
もっとも、探索には大量の補給品を持っていかなければならない(=艦隊内に輸送船・燃料タンカーを用意する必要がある)上に、しばしば宇宙海賊や宇宙宗教原理主義者がはびこっているため、調子に乗ってうろうろしているとひどい目に遭うこともある。……まあ、それが楽しいのだが。

そんなこんなで、実に様々に遊ぶことができるゲームである。しかも、インターフェースもこなれた作りになっており、ストレスがあまり無い。現段階でも、興味のある人は是非遊んでみてもらいたい。

このゲームは、すでにして非常に高い完成度ではあるものの、最初に述べたようにまだα版という扱いである。今後まだまだ拡張・改善がなされていくことになるだろう。
このゲームが「完成」するのは、いつになるのか今のところ全く見当がつかない。しかし、その時がくれば、伝説のゲームと呼ばれるに足るだけのポテンシャルを持っている、極めて野心的な作品だと思っている。
それまで、みなさんもこのゲームの名前を、頭の片隅に引っ掛けておいて欲しい。

Share

宇宙交易戦闘ゲーム その2 (Star Traders: Frontiers)

Share

宇宙モノのゲームが好きなのである(2回目)。

前回Elite Dangerousを紹介したが、あそこまで(本来の意味での)ハードボイルドではなく、もう少し味付けのある、遊びやすいゲームを紹介しよう。今回も残念ながら(2020年5月現在)英語版しかないので、そこだけ注意してほしい。

今回紹介するのは、Star Traders: Frontiers。
Trese Brothersというインディ系の開発スタジオによるゲームだ。実は同スタジオによるStar Tradersシリーズの第3作にあたる。が、過去作を遊んでいなくても全く問題はない。主にスマートフォン(Android/iPhone)向けにリリースしているが、今作はsteamにてPC向けにも販売されている。

宇宙船の船長となり、星から星へと移動しつつ、それぞれの星で物資の売買、要人と面会してのミッション受注、探索・パトロールといった行動などを行っていくゲームだ。また、星間移動中には様々な船と出会うことがあり、その都度行動を選択する形となっている。
アクション要素は皆無で、根本的にはターン制で進行する。グラフィックも見下ろし型の2Dで、見た目はそこまで豪華でもない……というか、むしろ簡素といっていい。しかし、見た目に反して、そのゲーム性は実に深い。

まず、操る船はかなり大きめのもののようで、30-50人程度の乗組員と、数人の幹部がいる設定となっている。もちろん、船の性能は乗組員の能力によって底上げされる。各種戦闘はもちろん、探索・パトロールといった行動、ミッション中の交渉や恫喝といった要素も全てこの総合能力・スキルによって判定が行われるので、乗組員の選定・成長のさせ方をきちんと考える必要がある。
船のビルドも、空母スタイルや、長距離・近距離重視だとか、逃げるのに特化だとか、果ては敵艦に乗り込んで白兵戦で叩きのめすスタイルなど、乗艦と乗組員の組み合わせにより、様々なスタイルを作り出すことができる。

宇宙での立ち回りとしては、各種勢力、およびその要人との付き合い方に重点が置かれた作りになっている。ある勢力と仲良くしようとしても、ミッションにより別の勢力の友好度が下がったりするので、全ての勢力と仲良くなるのは難しい。
もっとも、十分な金を持っていれば、その勢力の要人に頼んで赦免(Pardon)を受けることもできる(それなりの金を払い、友好度を0に戻せる)。
金次第の世の中である。

ちなみに、寄港先の支配勢力と仲が悪いと、燃料補給・修理・医療といったサービスを受けることができなくなるので、手当り次第に全方面に喧嘩を売るのは止めておいた方がいい。

また、全体としてはサンドボックス的な仕組みでありながらも、(各地で勝手に進行する)ストーリーも用意されている。勢力争いだとか、経済同盟のようなシステマティックなものもあれば、宝探しのようなものもある。
訪れる地域や要人によっては、がっつりと脚本が書かれたストーリーが進行するので、そういった点では、ストーリードリブンな側面もある、遊びやすいゲームとなっている。

特にゲーム開始時には必ずストーリーから始まるので、特に初心者はその流れを追いかけるとやりやすいだろう。それなりのお金と、要人たちへのコンタクトを得ることができるので、かなり動きやすくなる。
もっとも、何をするかは完全に自由なので、追いかける義務そのものはない。

とにかくやれることの幅が広いゲームだ。各地のミッションをこなしてもよし、貿易で儲けてもよし、海賊にいそしむもよし、各地の荒野を探検してもよし。そしてそれらの全てが、システム的には各勢力の関係へと還元され、プレイヤーの次の動きに影響を及ぼす。

なお、時間経過とともにどんどん難易度は上昇していくので、まったりとしたプレイ向きではなく、どちらかというとローグライク的である。難易度上昇に先んじて乗組員、船、装備を更新し続ける必要がある。そのためには、たくさんお金を儲けなければならない……全員からは嫌われない範囲で。

この手のゲームの常ではあるが、仕組みを理解するのにある程度時間がかかるため、それなりに時間を注ぎ込む必要がある。最初の数ゲームは、何が起こっているのか分からないまま打ちのめされる可能性もある。

しかし、ある程度システムの理解が進めば、俄然面白くなってくるので、興味の出た方は、ぜひ遊んでみてもらいたい。そして、ある程度慣れたところで、HARD以上の難易度(主人公が死亡するようになる)にチャレンジしてもらいたい。しびれるような緊張感と達成感(と負けたときのなんとも言えない虚脱感)があなたを待っている。

ちなみに、スマートフォンでもさくさく遊べるのがよい。実績と、画面の大きさの関係で変更されているインターフェースを除けば、PC版とスマートフォン版では基本的に違いがない。字がやや小さめなのと、ボタンがたまにおしづらいのが気にならないでもないが、アクション性が無いこともあり、許容範囲だろう。僕は両方持っているが、普段はスマホ版で遊んでいる。

いいゲームなんだけど、見た目はすごく地味……

以下、僕がプレイしてきて得たいくつかのTIPSを紹介しておく。

  • 特に序盤、可能な限り戦闘は避ける。単に退却(retreat)でもいいが、相手によっては疑われて友好度が下がる仕組みになっている。禁制品や高額な荷が無ければ、surrenderして積極的に臨検・略奪に応じるのも良い。荷物は取られるが、金は取られない。多少船員の士気は下がるが、大したことはない。
  • できるだけ常に交易用の荷を運ぶようにする。船の維持のためにも、細かな利益の積み重ねは大切。
  • 話の通じない相手と出会ったときのために、ちょっと船が壊れるけど無条件で戦闘回避可能なスキル、Skip off the Voidは覚えておく。三十六計逃げるに如かず。
  • 船の修理・船員の治療には意外と長い時間がかかるので、特に時間制限のあるミッションを抱えているときは注意すること。平気で1ヶ月とかをロスすることがある。
  • ちょっとしたマイナス友好度を取り戻す程度なら、当該勢力の星でパトロールをするのが早い。
  • 要人のコンタクト数を増やすのは非常に重要。特定の装備品や、特定の職業の求人など、要人経由でないとアクセスできないものも多い。
  • Weapon Lockerは早めにいいものに変えておく。というか、変えないと白兵戦が辛い。少なくとも3以上は欲しい。
  • 独立系で法規制のゆるい星=なんでも売りさばける星は、ブックマークしておくと後々便利。

では、楽しい交易|海賊|探険を。

Android版@Google Play
iOS版@AppStore

Share

宇宙交易戦闘ゲーム (Elite Dangerous)

Share

宇宙モノのゲームが好きなのである。

いや、無論他にもいろいろと好きなゲームはあるのだけど、やはり青春時代にスペースオペラものの小説を大量に読んでいた影響が大きいのだろう、心の根っこに染み付いたスペース魂によって、宇宙を舞台とした壮大なスケールのゲームを、無性にやりたくなることがある。

“宇宙交易戦闘ゲーム (Elite Dangerous)” の続きを読む
Share

down to earth

Share

Let me tell you. The feeling of being there, of walking the streets of the future is going to be breathtaking!

(one of the audience) YOU’re breathtaking!

You’re breathtaking. You’re all breathtaking!

Keanu Reeves, E3 2019

2019年のE3において、Cyberpunk 2077のカンファレンス中、登場したキアヌ・リーブスと観客との間で行われたやり取りである。
breathtakingは、一般的には「息を呑む」と訳されることが多いのだが、原義からいうと「ため息が出る(ほど素晴らしい)」でもいいように思う……まあ、今回の本題ではないのでスルーする。

“down to earth” の続きを読む
Share

nap or nothing

Share

前回の記事で、nap of the earth(匍匐飛行)という用語を紹介したので、今回はnap繋がりの小ネタを。

napという単語は、一般的には、短めの睡眠を取る、つまりは昼寝する・まどろむという意味で使われる。語源は、中英語のhnappianで、さらに遡るとゲルマン祖語由来ではないかとされている。

“nap or nothing” の続きを読む
Share

(fly) under the radar

Share

十年一昔というなら、(2020年現在からすると)もう二昔~四昔ほど前のことになるだろうか、フライトシミュレーターこそPCゲームの華だという時代があった。
僕も例に漏れずF-15 Strike Eagleや F-117A Nighthawk Stealth Fighter 2、あるいは一次大戦ものならKnights of the Skyなどで遊んだものだ……しかしこのラインナップ、よく見たら開発元が全部MicroProseだったりするな……。
もちろんフライトシミュレーターといえば必ず名前が挙げられるであろう、Microsoft Flight Simulatorでも遊んでいた。僕もまた、最新作2020の発売を心待ちにしている一人である。

“(fly) under the radar” の続きを読む
Share

世界で一番幸せな動物の、興味深い逃走手段(子持ち限定)

Share

小ネタ。
こんな美味しいネタ、絶対誰か書いてるだろーと思ったら、(2020年2月現在)日本語ではほとんど記事になっていないようだったので、紹介する。

世界で一番幸せな動物こと、クアッカワラビー(Quokka)をご存知だろうか。
しばしばTVなどでも取り上げられることもあり、知ってる人も多いと思うが、知らない人は、“world’s happiest animal”の画像検索をご覧頂きたい。
何この子。超カワイイ。ディズニーのアニメに出てきそう。笑顔がキュートでとても素敵。

“世界で一番幸せな動物の、興味深い逃走手段(子持ち限定)” の続きを読む
Share

CMYKのKは “key plate” のK?そもそも key plate って何?―その2

Share

前回の続き。

ヨーロッパにおける図版の多色印刷の歴史そのものは古く、例えば、すでに15世紀には、ドイツにおいて複数の木版を組み合わせたものが製作されたりしたらしい。しかし、一つ一つの色は職人が手で付ける必要があったし、過程も複雑で、現代の印刷とはあまり繋がっていない。手間がかかる割には大した数が作れない、小ロットの特別工芸品、といった感じのものだったようだ。

“CMYKのKは “key plate” のK?そもそも key plate って何?―その2″ の続きを読む
Share