Python3でエラトステネスの篩を用いて素数列を作成する

Share

最近LINEの新卒採用試験ズバリ問題解説~アルゴリズム問題編~という記事が少し話題になっていた(というか競技プログラミング勢から突っ込まれしまい、後日お詫びが掲載された)のを見かけたので、そこで取り扱われていたエラトステネスの篩(ふるい)について、記事を書いてみようと思う。

“Python3でエラトステネスの篩を用いて素数列を作成する” の続きを読む
Share

Python3での内包表記あれこれ

Share

内包表記(Comprehension)とは、あるリスト(などのイテラブル)から別のリスト(あるいはセットや辞書)を作成するような処理を行うときに、それを簡便に書くことができる記法だ。ちなみに、内包表記で書くと、普通に書き下すより動作も速くなることが多い。

今回の記事は、内包表記って何?という人から、内包表記の存在は知っているけど書き方がイマイチよく分からない……という人向けとなっている。

“Python3での内包表記あれこれ” の続きを読む
Share

競技プログラミングにおける、標準入力の取得例 in Python3

Share

問題を解く以前に、入力をどう取り扱ったらいいかイマイチ良く分からない、あるいは入力を取得するコードを書くところで悩んで時間を食ってしまう……という人向けの記事。

慣れれば誰でも簡単に書けるようになるので、一応それらしいパターンをまとめつつ、どうしてこういう書き方になるのか、ちょっとした解説をつけてみようと思う。

“競技プログラミングにおける、標準入力の取得例 in Python3” の続きを読む
Share

みゃおと鳴いたnet 2020年運営情報まとめ&2021年の抱負など

Share

みなさん、新年あけましておめでとうございます。本年も(以下略

さて、誰も気にしない当サイトの運営情報まとめ。

“みゃおと鳴いたnet 2020年運営情報まとめ&2021年の抱負など” の続きを読む
Share

swingerはどういう意味?

Share

ごく短い小ネタ。

swingという単語の意味は、誰でも知ってるだろう。なんなら、日本語でも、バットをスイングする、などと使うことがある。なにかを(支点を中心に)振り回す、揺らす、などといった意味だ。自動詞としても使われる。

“swingerはどういう意味?” の続きを読む
Share

gazillion, umpty, forty-leven

Share

ポール・サイモンの「恋人と別れる50の方法(Fifty ways to leave your lover)」の中では、実はその方法が5つしか歌われていない……というどうでもいいトリビアから、今回の話を始めようかと思う。
まあ、話によるとそもそも適当に書いた歌詞だとかなんとか。

“gazillion, umpty, forty-leven” の続きを読む
Share

Union_Find (Disjoint Set Union) クラス in Python3

Share

とりあえずそこそこ形になったので、コードを。一応実コンテストでも使用してるので、そんなに間違いはないはず……。

2020/11/09 適当な拡張クラスを追加。グリッドのつながりをUnion Findで扱いたい時などに使えるかもしれない。

“Union_Find (Disjoint Set Union) クラス in Python3” の続きを読む
Share

プログラミングカテゴリの新設について

Share

僕のtwitterをご覧になっている人はご存知かもしれないが、最近ときどき、いわゆる競技プログラミング方面で遊んでいる。

そこで、これを読んでいるみなさんにも、競技プログラミングで遊んでもらおう(=仲間を増やそう)というわけで、この記事を書きつつ、プログラミングのカテゴリを新設することにした。

“プログラミングカテゴリの新設について” の続きを読む
Share

joystickは卑猥な意味から転じて操縦桿になったのか?

Share

先日ニュースを読んでいるときに、船舶事故の話が出ていて、原因は「ジョイスティックの誤操作」だったと書いてあるのを見かけた。

恥ずかしながら、その時初めて、ジョイスティックがゲーム用語ではないことを知ったのだ。
言い訳というわけではないが、joystickという単語を見ても、joy + stick(楽しい棒)なわけで、どうせAtariあたりが(洒落)名付けたんだろう、くらいに考えていたわけである。

“joystickは卑猥な意味から転じて操縦桿になったのか?” の続きを読む
Share

A disworship of Scots

Share

お、前回Black Lives Matterとか取り上げたくせに、今回はのっけから差別発言の連発かよ……と気分を悪くされる方がいるかもしれないが、次から挙げていく一連の表現が何を表しているのか、ちょっと考えてみてもらいたい。

an unhappiness of husbands
an impatience of wives
a peck of Frenchmen
an exaggeration of fishermen
an annoyance of neighbours
a disworship of Scots

なんというか、「上手いこと言ってやったぜ」感のある、偏見に満ち溢れたこれらのフレーズは、実はある共通の表現だ。

“A disworship of Scots” の続きを読む
Share