鶴ヶ丘駅のたこ焼き屋台

Share

♪時には昔の話をしようか
通い慣れたなじみのあの店

ずっと関西に住んでいた僕が、関東に引っ越してから、かれこれ5年が過ぎた。
かれこれ5年が過ぎたのだ……が、未だにもやもやしていることがひとつある。そう、たこ焼きの妙な値段の高さだ。

(以下大阪弁のイントネーションで)

特に、あの有名な某チェーン店。なんやねんな、8個で550円とか600円とか。
いや、そこだけやないで。こっちでも街をぷらっと歩いとるとな、たま~にたこ焼き売ってるとこもあるわけやん。で、「お、たこ焼きやん。久しぶりにちょっとつまもうかな。まあ関東のたこ焼きがどんなもんか、たまには味見しといたらんとな」ってな具合に、店先ちょっと覗いてみるやろ。そしたら、あんた、10個で600円とか書いてるわけよ。10個で600円ってあんた。しかも、なんやしらん、トッピングつけたらもう50円とか100円とか、粉もんにどんなぼったくりやねんな。高すぎやで、ホンマ。

と、まあ、そんな気持ちになるわけだ。いや、実際に口には出さないけど……たぶん。

さて、僕が小学校~高校までの青春時代を過ごしたのは、大阪のJR阪和線、鶴ケ丘駅のあたりだ。サッカーに詳しい人なら、セレッソ大阪の本拠地の近く、といえばピンとくるかもしれない。

現在は高架となっているが、以前は開かずの踏切として有名だったこの場所に、かつておばちゃんが一人でやっていた、たこ焼き屋台があった。僕も小さな頃から、よくたこ焼きを買い求めに行ったものだ。時には何人もが列を成して焼きあがるのを待っているほど、人気の店だったのを覚えている。

値段は、確か1個25円くらいだったと思う。300円分も買えば、昔ながらの船皿に、山盛りになる量だった。閉店直前に行くと、何個か余った分をおまけしてくれたりもした。

中学高校に行ってた頃も、夜にゲーム勉強をしていて、ふと小腹が空いたなと思う時、100円玉を2~3枚持って買いに行った。どちらかというと固めに焼き上げられたたこ焼きを、爪楊枝で刺して口に運ぶ。熱々ではふはふ言いながら食べるそれは、どちらかというと濃い味付けで、重たくはないのだが、食べ終わった後には満足感があった。

僕にとってのたこ焼きとは、まず第一に、その店のたこ焼きなのだ。もう店は無いけど。
そんなことを思い出し、ふと検索してみると、こんなページを見つけた。

そして、美味しいたこ焼き屋を見つけようという決心をあらたにしてみたり、そういえばうちにはたこ焼き器が無いな、などと怪しいことを考えたりするのだ。

以下余談。

そういえば京都に住んでいた頃、下宿の近所、百万遍を少し上がった西側に、綺麗な、だけど少し疲れた雰囲気のお姉さんが焼いていた(時々おばあちゃんのこともあった)、たこ焼き屋があった。たこ焼き屋……といっても、たこ焼きというよりはたこ焼きの形をしたお好み焼き、といった風情の代物だったのだが。とはいえ、とにかくボリュームだけは満点で、500円分も食べれば満腹になったものだった。

たこ焼き繋がりでそんなことを思い出し、あのあたりは今どうなってるんだろうと思って、Googleストリートビューで見てみたら、完全に様変わりしていて、寂しい思いをした。諸行無常である。

そんな中、よく見るとラーメン屋の「たく味」が生き残っていて少し驚いた。あのインパクトの有るチャーシュー麺は相変わらずのようだ。オープンした頃から通っていた店なので、頑張って欲しいところだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。