はまじ再臨とthe Last Expressの思い出

Share

今回は、懐古厨らしく、思い出を語ることにする。

昔、関西限定だったらしいが、学校が長期休暇に入る期間中、「アニメだいすき!」という一種の特番が放送されていた時期があった。僕はこの番組をすごく楽しみにしていて、毎回VHSのビデオにとって保存し、何回も観直したものだった。

アニメだいすき!で放映された作品リストを確認してみたが、おそらくほぼ全部の放送を観ていたと思う。そして、改めて見るに、そのラインナップは、とんでもなくマニアックだ。きっと当時の僕に、そして今現在の僕にも多大な影響を及ぼしている。

the八犬伝(OVA)を最初に観たのは、このアニメだいすき!だ。
そして、今なお語り草となっている、新章第4話「はまじ再臨」と出会ったのだ。

どのような動画かは、はまじ再臨と検索してもらえれば、比較的容易に見つかると思う(著作権的な問題で直リンクは避けておく)。

ひとつ言っておかねばならないことがあるとすれば、the八犬伝のアニメシリーズを通して、この回だけが、とんでもなく異質な作画だったということだ。他の回は、ごく普通のアニメなのだ。正確には新章第3話「妖猫譚」の回(うつのみやさとるコンテ・橋本晋治作画)も見どころは多かったりするのだが、「はまじ再臨」のような、別次元の異質さではない。

そして、正直に言おう。初めて観た時の感想は
「なんだこれ?」
というものだった。

当時の僕は、衝撃は受けたものの、この回がどういった方向を目指していたものだったのか、そこまでは理解することができなかったのだ。
これが、1994年のことだ。

ここで話は変わるが、少し時は流れ1997年。PCゲーム史上に名を刻む名作が発売された。
タイトルは、”The Last Express”。

え?なにそれ、知らない、という人が多いかもしれない。
無理もない。実際の所、ほとんど売られていないからだ。一応、豪華声優陣による吹き替えが行われた日本語版(邦題:ラストエクスプレス)も出ている。僕自身は発売日に購入したのだが、店頭に置かれていた期間は短かったように思う。どうやら発売元のBroderbundの身売りだとか、アジア通貨危機による流通の撤退など、いろいろな問題が重なった結果のようだ。

ごく簡単に紹介すると、WW1直前に、オリエント急行の中で巻き起こるミステリを、完全リアルタイム(正確には6倍速らしい)で再現した野心作だ。登場人物は全てそれぞれの目的に従って車内を動き回り、会話を交わし、行動を起こす。

インタフェースこそ、今では古く感じるMYSTスタイルのポイント&クリックだが、今まさにそこにいる臨場感という意味では、未だにこのゲームを超えるADVは出ていないのではないだろうか。20年経ってなお、色褪せないすごいゲームである。

このゲームの内容に踏み込んだ紹介をすると、非常に長くなる。いつか語る日がくるかもしれないが、今回は本筋から外れるので割愛する。幸いなことに、近年英語版がPCや携帯端末向けに再リリースされているので、興味のある方は調べてみてもらいたい(残念なことに日本語版は再販されていない)。

さて、”The Last Express”は、Jordan Mechnerの作品だ。Jordan Mechnerの他の作品、”Karateka”や”Prince of Persia”でもそうだったのだが、グラフィックを作成するに当たっては、ロトスコープの技法が取り入れられている。つまり、まず実写でビデオを作成し、それをトレースする形でコンピュータ上に取り込んでいるのだ(もちろん、さらに最終的な調整が加えられる)。

“Karateka”や、”Prince of Persia”ではサイドビューのみのグラフィックだが、”The Last Express”では、基本が一人称視点なのもあって、現実に近い視点からの動きが描かれていた。

そのアニメーションに、ふとした既視感を覚えたのだ。
あれ、これって「はまじ再臨」で観た輪郭の動きに似てるかもしれない、と。

そう感じた後、改めてDVDで「はまじ再臨」を観直してみた。
そして思ったのは、その作画の根底にあったのは、実は徹底したリアリズムの追求だったのではないか、ということだ。
そして、それはおそらく、三次元的な意味でのリアルではない。ロトスコープに近い、カメラ(あるいは網膜)に写っているはずの輪郭を、本物に忠実に写し取るという方向性の、リアリズムだったのだろう。
そこに、アニメーションとしてのデフォルメや、カメラ演出などが加わった結果、あの強烈な、印象に残る作画となったのだと思う。

このように僕は、”The Last Express”を遊んでいる最中、「はまじ再臨」を、数年越しに、思わぬ形で再認識することになった。実際の所、僕の解釈が正しいかどうかは分からない。ただ、そう感じたのだ。

それ以来、この何の関係もない2つの不朽の名作は、僕の中でだけは、何故か分かちがたいものになってしまっているのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。