CMYKのKは “key plate” のK?そもそも key plate って何?―その2

Share

前回の続き。

ヨーロッパにおける図版の多色印刷の歴史そのものは古く、例えば、すでに15世紀には、ドイツにおいて複数の木版を組み合わせたものが製作されたりしたらしい。しかし、一つ一つの色は職人が手で付ける必要があったし、過程も複雑で、現代の印刷とはあまり繋がっていない。手間がかかる割には大した数が作れない、小ロットの特別工芸品、といった感じのものだったようだ。

“CMYKのKは “key plate” のK?そもそも key plate って何?―その2″ の続きを読む
Share

CMYKのKは “key plate” のK?そもそも key plate って何?―その1

Share

CMYK、いわゆるシアン・マゼンタ・イエロー・ブラックのKは、実はblackのKではなくてkey plateのKらしいという話を、どこかで読まれたことがある人も多いと思う。
実は、僕はずっとblackのKだと考えていて、そのことを知ったのはつい先日のことだったりする。

なるほど、興味深い……のだが、あちらこちらの記事を読んでも今ひとつ腑に落ちないことが多かったので、色々と調べてみた。というわけで、皆さんにもその知識をおすそ分けしようと、そういう記事である。

“CMYKのKは “key plate” のK?そもそも key plate って何?―その1″ の続きを読む
Share

自己治療仮説

Share

自己治療仮説という検索ワードで、ときどき当サイトにアクセスがあるようなので、記事を書いておこうと思う。

自己治療仮説とは、ざっくりいうと、依存症において、なぜその依存行動を取るのかを説明する際に、その行動が実は(ストレスなどの)苦痛・困難に対抗する治療行為として機能しているのだ、とする仮説である。

“自己治療仮説” の続きを読む
Share

江戸の地口とcockney rhyming slang

Share

先日、カミさんと話をしている時に「恐れ入谷の鬼子母神」と言ってみたら、見事に通じなかった。おや?と思い、「その手は桑名の焼き蛤」を知っているかどうかも聞いてみたが、知らないようであった。

カミさんはカミさんで、普段「結構毛だらけ猫灰だらけ」などと言っていることがあるので、こういった言葉を全く知らないというわけではないようだ。……というより、「男はつらいよ」を観たことはあるということかもしれないが。
ちなみに、「おどろ木桃の木山椒の木」「あたり前田のクラッカー」あたりは知っていたが、「びっくり下谷の広徳寺」「情け有馬の水天宮」は知らないようであった。

“江戸の地口とcockney rhyming slang” の続きを読む
Share

みゃおと鳴いたnet運営情報まとめ(2019年)

Share

気がつけば2019年ももう終わりということで、本サイトのPV他各種運営情報のまとめを、備忘録も兼ねて書いておこうと思う。
WordPressデフォルトのテーマそのままに、月1~2回の更新で適当に好きなことを書き散らしているサイトが、運営という観点から、実際どんな感じで閲覧され、収益(もしくは損失)を出しているのか、リアルな情報をみなさんにもお伝えしてみたい。

“みゃおと鳴いたnet運営情報まとめ(2019年)” の続きを読む
Share

忙殺快感ゲーム(Cook, Serve, Delicious 2 / One Finger Death Punch 2)

Share

令和最初の大晦日を迎えているみなさん、いかがお過ごしでしょうか。

師走というだけあり、みなさん忙しい日々を送っていることだろう。なんせ、師が走るわけだし。マスター・アジアだって走り回っているに違いない。

ところで、忙しいことは楽しいことだ……といきなり書き出すと、何いってんだこいつと思われる方も多いかもしれないが、少し考えてみてもらいたい。

“忙殺快感ゲーム(Cook, Serve, Delicious 2 / One Finger Death Punch 2)” の続きを読む
Share

英語は難しいという、当たり前の話

Share

このブログでは、(2019年現在のところ)英語の単語や言い回しに関することを比較的多めに扱っているのだけど、実際のところ、僕自身が英語にすごく詳しいのかというと、そんなことはない。ただ、その場しのぎで色々と調べるのが得意ということに過ぎない。

“英語は難しいという、当たり前の話” の続きを読む
Share

apprehendとcomprehend、ついでにreprehend

Share

前回の記事で、つかみがlist comprehensionという用語だったにも関わらず、全然関係ない用法に関することしか書かなかったのを反省しつつ、一般的な意味の話をしてみる。

タイトルでapprehend, comprehend, reprehendと並べてみたわけだが、いずれもprehendという、ラテン語のprehendere(to take, sieze)を語源とする語幹を持っている。ちなみに、あまり使われないようだが、そのものズバリ掴むという意味の、prehendという単語もある(哲学用語として残っているようだ)。

“apprehendとcomprehend、ついでにreprehend” の続きを読む
Share

真夏の夜の夢における、apprehendとcomprehend

Share

趣味、というか教養の一環としてプログラミングで遊ぶことがあるのだが(たまに仕事の役に立つことも無くはない)、最近遅ればせながら、Pythonを触ってみている。ちなみにきっかけは、Humble BundleでのPython入門書のまとめ買いである。
Pythonでは、リストを作成する際にlist comprehension(リスト内包表記)という記法が用意されている。僕自身はこの記法に触れるのは初めてだったのだが、使ってみるとなかなか便利である。ちなみに、Haskellなどでも採用されている記法らしい。

“真夏の夜の夢における、apprehendとcomprehend” の続きを読む
Share

“The Squire’s Recipes”(あるいはスクァイアーレシピーズ)

Share

前回に引き続き、カクテルにまつわる話。

1906年~1910年のいずれかの年に(はっきりした記録は見つからなかった)、アメリカの詩人・編集者であるKendall Banningの友人たちのもとに、クリスマスプレゼントが贈られてきた。
中には小冊子が入っており、その表題は”The Squire’s Recipes”―敢えて日本語に訳すなら、「郷士のレシピ」といったあたりだろうか。製作年は1784年と記されている。
冊子には、送り主であるKendall Banningによるメモが同封されていた。

““The Squire’s Recipes”(あるいはスクァイアーレシピーズ)” の続きを読む
Share