互換モードで動かすアプリケーションからネットワークドライブにアクセスできない

Share

今回はパソコンのトラブル話。

会社で、Windows10のPCに某データベースソフトの少し前のバージョンをインストールした時の話。
公式サイトの情報によると、そのバージョンはWindows10には対応していない事になっていたのだが、とりあえずものは試しと入れてみたわけだ。よくある話である。

“互換モードで動かすアプリケーションからネットワークドライブにアクセスできない” の続きを読む

pedal to the metal (medal)

Share

経済政策に関して話をするなら、僕はどちらかというと、世間でいうところのリフレ肯定派ということになる。なので必然的に、ポール・クルーグマン肯定派、あるいは信者ということになるのだろう。もっとも、クルーグマンのことを知ったのは、彼の業績からすると割と最近のことで、山形浩生氏のサイトが最初だったかもしれない。

その後、改めて既に出ていた名著「クルーグマン教授の経済入門」(訳:山形浩生)を読んで以来のリフレ信者である。もっとも、その時もクルーグマンが後に2008年のノーベル経済学賞を取るとまでは思わなかった。

“pedal to the metal (medal)” の続きを読む

ノエイン もうひとりの君へ

Share

前回の続き。

「天空のエスカフローネ」の後、赤根和樹が監督を行ったアニメとしては「ジーンシャフト」「ヒートガイジェイ」がある。
どちらもSF色の強いアニメだが、ジーンシャフトについては1クールという尺の問題からか、個人的には不完全燃焼の印象が濃かった。毎回サブタイトルがSF小説の題名のもじりになっているあたりや、世界設定にSF愛を感じる作品ではあったのだが。

“ノエイン もうひとりの君へ” の続きを読む

エヴァとナデシコとエスカフローネ

Share

1995年といえば、アニメファンにとっては特別な年だろう。
そう、新世紀エヴァンゲリオンのTV放映が行われた年だ。

久しぶりのガイナックスによるTVアニメとあって、アニメ専門誌などでは放映前から特集が組まれ、アニメファンからの注目度も高い作品だった。僕も初回からリアルタイムで観ていた。当時のことなので、VHS(標準)で録画したのを覚えている。
とはいえ、放映当初は、一般人まではその名は知られていなかった。伝説となったのは、おそらくは、「あの」ラスト2話が放送された後のことだと思う。

“エヴァとナデシコとエスカフローネ” の続きを読む

bada bing bada boom

Share

バダビン、バダブーム。

bada bing bada boom、あるいは順番が入れ替わってbada boom bada bingということもある。あるいは、単独でbada bingといった形で使用されることもある。綴りもbada bingだったりbadabingだったりbadda-bingだったり、いろいろな書き方があるようだ。
結局の所、ちゃんとした言葉というよりは、擬音語に近い間投詞なのだ。

“bada bing bada boom” の続きを読む

あけましておめでとうございます

Share

松の内も完全に終わり、いまさらではありますが、本年もよろしくお願いします。

結局昨年は、主にスト5を遊んでいた一年で、ゲームに関しては、大して新作を遊んでいなかった気も……。RDR2が~とか言う前にFallout4をやれよ、みたいな状態でして。

今年の目標:積みゲーを減らす。 もうちょっと多めにアナログゲームで遊ぶ。なるべく死なない。

このサイトに限った話なら、今年は月2回位のペースで更新したいところですが、どうなることやら。毎日ブログを更新する人とか、すごいですよね。いや、ホント。
僕は今年もまた、例によって役に立たなかったり、人生に不要だったりする話をぼちぼちと書いていければと思います。

jackpot

Share

jackpot justiceという言葉がある。

ジャックポット・ジャスティス!檜山修之に必殺技として叫んでもらいたい響きの言葉だ。ジャスティスとかついてるし、なんかこう、正義の鉄槌的な?

……と思われた方もいるかもしれないが、この言葉におけるjusticeとは、正義という意味ではなく、裁判のこと。jackpot、つまりギャンブルでの大当たりを狙うような一攫千金の裁判という意味になる。

“jackpot” の続きを読む

pass the buck

Share

アメリカ人のフランクな会話で、物の値段を話すとき、dollarという単語の代わりにbuckという単語を用いることがある。ことがある、というより、砕けた会話ではむしろbuckを用いることの方が多いかもしれない。
例えば、5ドルなら”five dollars”の代わりに、”five bucks”といった言い方をする。

buckとは、牡鹿のことで、かつて牡鹿の革(buckskin)を、取引の単位として使っていたことから、1ドルのことをbuckと呼ぶようになった……というのが、一番良く知られた説だ。

“pass the buck” の続きを読む

ラーゼフォンと鉄腕バーディー DECODEと切ない話

Share

ブチ穴という言葉を聞いたことはあるだろうか?割と有名な用語なので、知っている人も多いかもしれない。
ブチ穴とは、アニメなどのメカデザインにおいて、それっぽいところにそれっぽく空いている穴のことで、出渕裕(いずぶちゆたか)のデザインしたメカによく見られることから、その名がついた。
知らないならば、上記の説明ではよくわからないという人がほとんどだろうが、百聞は一見に如かず、Google画像検索の結果を見てもらえれば、なるほどと納得してもらえるかもしれない。

“ラーゼフォンと鉄腕バーディー DECODEと切ない話” の続きを読む

御先祖様万々歳!

Share

一昔前に比べると、アニメの監督の名前も世間で知られるようになってきたなあ、と思う。

劇場アニメを中心に考えてみよう。
宮崎駿と高畑勲は別格としても庵野秀明、細田守、そして新海誠あたりなら、知っている人も多いだろう。湯浅政明の名前も聞いたことがある人は多いかもしれない。

僕が個人的に一番好きな監督は誰かと問われたら、非常に難しいのだけども、押井守の名を挙げることが多いと思う(その時の気分によって変わるので、いつもではない)。

“御先祖様万々歳!” の続きを読む