AtCoder Beginner Contest 204 D – Cooking をPython3で解く

Share

AtCoder上にある問題のうち、AtCoder Problemsでdiff 800以上と判定されているものを順番に解いていく企画。
基本的な考え方は全てコード中のコメントに入れてあるので、参照のこと。

出典:
AtCoder Beginner Contest 204 D – Cooking

部分和の取りうる範囲が狭いため、同じ数字が何度もあらわれることになり、結果的に計算量は \(O (2^N)\) よりぐっと少なく、\(O(N \sum_i T_i)\)となる。

[pastacode lang=”python” user=”scrblbug” repos=”atcoder” path_id=”python/abc204_d.py” revision=”” highlight=”” lines=”” provider=”github”/]

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です