CODE FESTIVAL 2014 決勝 D – パスカルの三角形 をPython3で解く

Share

AtCoder上にある問題のうち、AtCoder Problemsでdiff 800以上と判定されているものを順番に解いていく企画。
基本的な考え方は全てコード中のコメントに入れてあるので、参照のこと。

出典:
CODE FESTIVAL 2014 決勝 D – パスカルの三角形

「パスカルの三角形にAが現れるのであれば、その段数、及び何番目かを出力し」と問われている。つまり、最初に現れる場所である必要はなく、どこでもいいということ。

# CODE FESTIVAL 2014 決勝 D - パスカルの三角形
# https://atcoder.jp/contests/code-festival-2014-final/tasks/code_festival_final_d
# tag: 二項係数 基礎問題

# 何段か書いてみれば、すぐに気づくと思うが、
# n 段目の左から(もしくは右から) 2 個目の数字は
# n-1 になる (n >= 2)

def main():
    A = int(input())
    print(A+1, 2)

main()
Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。